コレステロールとは何なの?危険性や悪玉善玉の違いについて

健康診断でよく取り上げられるのがコレステロールですが、これはいったい何なのでしょう。
コレステロールの値が高くなると生活習慣病を誘引することになると言われていて、その危険性が示唆されています。

 

またコレステロールには悪玉のLDLコレステロールと善玉のHDLコレステロールがあるといわれていますがその違いがよくわかりません。
実はコレステロールそのものに善と悪があるわけではないのです。

 

コレステロールの正体

 

コレステロールは細胞膜を生成するための脂質の一種であり、細胞膜の材料になるものです。
人間の身体は沢山の細胞の集合体でできていて、その細胞の膜を構成する大事な成分がコレステロールでホルモンの材料になります。
また脂肪の消化吸収を助ける働きをする胆汁酸の材料にもなるなど、様々な働きを担っています。
コレステロールは体内に存在する脂質の一種なのですが、このように体に重要な役割を果たしていて、細胞を包む細胞膜の原料になります。
ビタミンDの原料にもなり副腎皮質ホルモンや脂肪の消化を助ける胆汁酸の材料にもなるので、コレステロールは健康な体を維持するのに無くてはならないものなのです。

 

コレステロールは食物から摂ることもできるのですが多くは肝臓で合成されていて、必要なコレステロールの多くは体内で生成されています。
悪玉と善玉がコレステロールには存在しますが、いずれも体に必要な物質です。

 

悪玉と善玉の存在

 

コレステロールの悪玉はLDLコレステロールと言われていて、肝臓から体内に必要とする箇所にコレステロールを運ぶ役割をしています。

 

善玉はHDLコレステロールと言われていて、余ったコレステロールを肝臓に戻し、胆汁やホルモンそしてLDLとして再利用できるようにする働きをしています。
HDLコレステロールはコレステロールの回収をしていて、血液中に残ったコレステロールを回収しながら肝臓に運搬します。
そして回収されたコレステロールはホルモンや胆汁酸の材料となり、不要分は排泄されるようになっています。

 

LDLコレステロールはコレステロールの運搬をしているのですが、血液中に大量に増え過ぎると残ってしまい、そのことで動脈硬化の引き金になると言われています。
健康診断や血液検査では総コレステロール値とLDL値、HDL値をチェックするのですが、LDL値が高いと動脈硬化の危険性が高くなっていることを示唆しています。

 

コレステロールは危険なのか

危険

 

コレステロールは人間にとって不可欠の存在なのですが、脂質異常症と判断される基準値になると危険を及ぼすことになります。
コレステロールの数値が基準値に収まっていなかったり、中性脂肪値が基準値以上になると脂質異常症と判断されるので注意しないといけません。

 

悪玉のLDLコレステロールは肝臓で作られたコレステロールを運搬しているのですが、増えすぎると行き場がなくなって血管中に停滞することなります。
その結果、動脈硬化を引き起こす原因になってしまうので身体によくありません。

 

ただ、LDLコレステロールは低すぎてもダメで、そうすると栄養素が減るのでガンや心筋梗塞になるリスクが高まります。
コレステロールは細胞膜の材料になったり血管の強化や維持に貢献する大事な役割をしていますが、LDLが多くなりすぎると動脈硬化症などの生活習慣病の原因になります。
体には必要不可欠なものでありながら、一方でコレステロールにはこうした危険性が潜んでいるのです。

 

コレステロールの悪玉には注意しましょう。

 

コレステロールには善玉と悪玉がありますがそれぞれに役割があり、その差はリポタンパク質の違いによるものに過ぎません。
善玉は体に悪影響を与える量のコレステロールを細胞壁から運び出す役割をしていて、悪玉は体の各所に必要なコレステロールを運んでいます。

 

いずれも重要な役割を担っているのですが、コレステロールを運びすぎると血管内壁に蓄積し、放置すると動脈硬化の原因になります。
コレステロール値は高くても低くても問題なのですが、多くの場合は悪玉LDLコレステロール値の高さが問題として指摘されています。
悪玉のLDLコレステロールは動脈硬化性疾患の危険因子になるので数値が高くなり過ぎないよう注意しましょう。