コレステロールが高すぎるとどんな病気のリスクがあるの?

コレステロールというのは細胞膜やホルモン、胆汁酸の材料になるので身体にとってととても重要な働きをしています。
しかしあまりにもコレステロールを摂取しすぎると調節する機能が働かなくなり、血液中に増加しすぎて病気になるリスクが高まります。
血液検査をすると総コレステロール値がチェックされますが、数値が高くなると病気に発展してしまう可能性があるので注意しないといけません。

 

コレステロール値が高いと危険

危険

 

コレステロール値が高いのは危険な状態を示していて、場合によっては取り返しのつかない事態にまで発展する可能性があります。
健康診断では総コレステロール値をチェックするわけですが、これは悪玉コレステロールと善玉コレステロールを合わせたものです。

 

善玉と悪玉はいずれも身体には必要なもので、善玉コレステロールは不要なコレステロールを運ぶ役割をもっているので善玉と呼ばれているわけです。

 

悪玉コレステロールは多くなると動脈硬化の原因になって脳梗塞などを引き起こす恐れがあるので、悪玉と呼ばれています。
体内で必要なコレステロールを運ぶ役割を持つのが悪玉なのですが、運ぶ量が過剰になると動脈硬化に繋がってしまうのです。

 

コレステロールは生きていくために必要不可欠なのですが、中性脂肪と同様、数値が高くなると身体に悪影響を及ぼすことになります。
また不足しても細胞や血管がもろくなってしまうので、自分の数値はきちんと把握しておく必要があります。

 

動脈硬化や狭心症になるリスクがある

一般的にコレステロールが高いと引き起こしやすいのが動脈硬化で、高いまま放置すると動脈硬化に発展する危険があります。
総コレステロール値が高い状態は血中の脂質量が多いことを示していて、その状態を放っておくと動脈の血管が塞がれて血管内がどんどん狭くなっていきます。
そうすると血栓ができやすくなり、動脈硬化の原因になってしまうのです。

 

動脈硬化にならないようにするには血中の悪玉コレステロールを減らすことが急務で、善玉コレステロールを増やすようにしないといけません。
コレステロールが高すぎると狭心症になるリスクもあり、胸の痛みが起こる怖い病気です。
発作的に胸に急に痛みを感じたり圧迫感を感じたりする病気で、心臓に酸素や血液が上手く流れなくなるので強い痛みを生じることになります。

 

こうした病気を回避するには血流を改善して酸素が十分に行き渡るよう、総コレステロール値の値を改善する必要があります。

 

心筋梗塞や脳卒中の危険もある

日本人の死因の原因の上位に位置するのが心筋梗塞ですが、その原因は動脈硬化と言われています。
つまりコレステロールが高いと心筋梗塞になる危険が高く、心筋への血流が滞ると心筋が壊死してしまいます。

 

飲み過ぎたり食べ過ぎの傾向にある人は総コレステロールが高くなるので、心筋梗塞は肥満型の男性に多いと言われています。
肥満型の男性は普段からコレステロール値を下げるよう努力する必要があります。

 

コレステロール値が高くなってもすぐに死に至るような病気にかかることはないのですが、放置すると脳卒中の危険もあります。
脳の血管のつまりで起きる病気で、大きな血管に発生すると死につながります。

 

脳卒中はがん、心臓病に続いて死因の三位になっている怖い病気で、脳内の血管が破れてしまいます。
特に高血圧の人は脳出血のリスクが高く最悪は死に至る恐ろしい病気なので、総コレステロール値が高い場合は食生活をすぐに見直す必要があります。

 

生活習慣を改善して病気のリスクを避ける

このように総コレステロールが高いままだと、様々な怖い病気を引き起こすことになります。
そのため、コレステロール値が高そうだと思ったらすぐに検査をして、自分の総コレステロールがどのくらいなのか確認する心構えが大事です。

 

血液中の総コレステロールの値が高くなると様々な病気を引き起こす誘因になるので、魚や野菜、海藻類など悪玉コレステロールを減らしてくれる物を摂るようにしましょう。
(参考記事:コレステロールを下げる食品と高い食品を徹底チェック

 

また総コレステロール値が高い人は運動不足の傾向にあるので、適度な運動を取入れて血液や気の巡りを良くすることです。